バーベキュー

BBQで牛肉のおすすめの種類・部位のランキング!豚肉と鶏肉のランキングも!

投稿日:2017年4月23日 更新日:

BBQで肉のおすすめの種類と部位って何かすぐに言えますか?
BBQでは普段焼肉で使う肉の種類とはおすすめが少し異なります。
またBBQでは牛肉・豚肉・鶏肉色んな種類の肉が使われます。

牛肉・豚肉・鶏肉とそれぞれの種類別におすすめをランキング形式でまとめてみました。
これで食材の買い出しも楽になれば幸いです。

スポンサーリンク

BBQで牛肉のおすすめの種類・部位のランキング

BBQで牛肉のおすすすめの種類・部位については、普段焼肉で使うものとは少し違います。

焼肉ではバラやカルビなどが人気ですが、BBQで使用すると脂身が多く炭火ではすぐに焦げてしまいます。
またすぐに焦げてしまうという意味でも普段使用しない厚めのスライスの牛肉がBBQでは好まれます。

それではBBQで牛肉のおすすめの種類と部位についてランキング形式で紹介していきますね。

第1位 サーロイン

言わずと知れたステーキ肉の王様!
きめが細かくてとても柔らかいです。
イメージとは違い実は背中のお肉なんです。

肉の繊維の方向が一定なので、スライスなどとても扱いやすいので初心者にもおすすめです。
厚めのスライスが高級感があって良いですね。

BBQ時にこの牛肉を使うデメリットとしては、いわゆる霜降りについてです。
サーロインは霜が入りやすいので火力の強いBBQでは焦げやすいのです。
焦がすとせっかくの脂が落ちてしまいます。
炭の量や網の位置などで火力や約時間を調整して調理しましょう。
基本的には鉄板で焼くと容易に調理できるので、鉄板を用意すると良いかもしれませんね。


第2位
 リブロース

サーロインとよく似ています。
部位でいうと肩ロースとサーロインの間になります。
牛肉の中でも最も厚みのある部位になります。
オーストラリアでは最高品質の部位として扱われています。

サーロインと同様に繊維の方向が一定でとても扱いやすいので初心者もおすすめです。
BBQ時にはこちらも霜降りの取り扱いには注意してくださいね。
巨大塊肉を演出できる部位です。
お肉屋さんにお願いして厚めに切ってもらうのも良いかもしれませんね。


第3位
 肩ロース

柔らかな肉質が特徴です。
部位で言うと肩にあるロース部位になります。
筋っぽい部分もあるので薄切りでの調理や食事に向いています。

味の特徴として牛肉の味が非常に濃く風味が強いです。
また火を通しすぎると固くなってしまう傾向があります。
炭火で焼くBBQでは焼きすぎに特に注意しましょう。

初心者には薄切りで焼肉風BBQとしておすすめです。


第4位
 ヒレ

サーロインの内側にある部位です。
運動する機会が少ない筋肉なので他の部位と比べて、ダントツに柔らかいです。
脂肪もほぼなく赤みの柔らかみを味わえる上にヘルシーです。
中でも中心部の部位であるシャトーブリアンは最上級の部位で肉質が最高です。

筋の繊維は均一なのでスライスもしやすいです。
火を通し過ぎると固くなってしまうので火加減には注意しましょう。
BBQステーキにはピッタリですが、BBQで扱うには初心者よりも火の扱い慣れた人向きかもしれません。


第5位
 ランプ

お尻部にあたります。
肉質が柔らかく赤みの旨みと食感を十分に味わえる部位です。
薄切りにすると肉汁が逃げやすいので、ブロック形状にカットして頂くのがベストですね。
ローストビーフにぴったりの部位です。
ぜひローストビーフにチャレンジしたいという人にはおすすめです。


第6位 タン

ご存知定番のタンです。
タンも部位が分かれていて、BBQに向いている部位と向いていない部位があります。
タン先(先端部)、クラウンカット(中央部)、タン元(根元部)に分かれています。

BBQに向いているのはクラウンカットとタン元になります。
クラウンカットは薄切りで、タン元は厚切りがいいです。
ちなみにタン元が一番柔らかいですよ。

タン先は肉質が固いのでBBQよりもシチューなど向きです。
BBQで使用するなら秋冬にガスコンロを持ち込んでタンシチューを楽しむのも良いですね。
BBQで牛肉のおすすめの種類と部位についてランキング形式で紹介しましたが、どれも焼きすぎには注意ですね。

ここでBBQの牛肉の小ネタを紹介します。

・サーロイン
・リブロイン(リブロース)
・テンダーロイン(ヒレ)
この3つはイギリスでは牛肉の最高部位として「ロイン3点」と呼ばれています。
その中でも最高級である「サー」の称号が名前についているのがサーロインというという事です。
確かに納得ですよね。
BBQの際の小ネタとして披露してみてはいかがですか?

 

BBQで豚肉のおすすめの種類・部位のランキング

豚肉は脂も多く、炭火焼きで豚肉を焼くととても美味しくなるんです
BBQでは牛肉よりも豚肉が好きという人も意外と多くいます。
そんなBBQでの豚肉のおすすめの種類と部位についてまとめてみました


第1位
 豚ロース

背中にある筋肉質の部位です。
きめが細かくて脂ののりも適度に良く日本人には大人気の部位です。
見た目も非常に良く外側の脂も美味しそうですね。

赤みの部分はパサつきやすいので、BBQではホイル焼きにしたり、オリーブオイルを塗って保水性を高くして焼くのがオススメです。
BBQの際に牛カルビとかの脂身が多いお肉が続くと、あっさりとした豚ロースが口休めとして合いますよ。


第2位
 豚肩ロース

スポンサーリンク

肉質はロースと似ています。
赤みと程よい脂身のバランスで、コクと脂身の美味しさが楽しめます。

ロースよりも筋が多くて固くなりがちです。
筋きりなどの下準備をしておくと良いかもしれませんね。


第3位
 豚ヒレ肉(テンダーロイン)

豚ロースの内側にある部位です。
筋の繊維が均一で豚肉の中では最も柔らかいです。
とんかつなどで使われる部位です。
確かに柔らかそうですね。

あまりBBQでは使われることが少ないですが、炭火焼との相性はバツグンなんです。
柔らかくてジューシーで美味しそうですよね。

薄切りで焼肉風にしても良し、厚切りでステーキ風に焼いても良いでしょう。
豚肉の赤みと旨みを存分に楽しめますよ。


第4位
 豚スペアリブ

骨付きのお肉になります。
赤みと脂身の重なりが3層に見えることから三枚肉とも呼ばれています。

コクがあり濃厚な味が特徴です。
骨周りのお肉にかぶりついて豪快に楽しみましょう。
長時間加熱してもパサつかないので食べやすいでよ。

とはいえ脂身は燃えやすいものなので、強火でさっと表面を焼いた後は遠火でじっくり焼くのがおすすめです。
BBQの雰囲気を楽しむのにはもってこいのビジュアルですね。


第5位
 豚バックリブ

ロース側の骨付きの肉になります。
柔らかい肉質で脂が少ない特徴があります。

ロース肉の美味しさと骨付き肉の美味しさを両方味わえます!

BBQの本場のアメリカでは大人気の部位になります。
しかし残念ながら日本ではスーパーでもあまり置いていません。
コストコなどの外資系スーパーでは普通に売っている様です。

厚みと形が一定なので初心者にも非常に扱いやすいです。
入手が困難ですが、ぜひとも本場アメリカンBBQ風にチャレンジしてみたいですね。

 

BBQで鶏肉のおすすめの種類・部位のランキング

炭火焼きで脂のついた鶏肉をじっくり焼いて、甘辛い醤油だれをつけて食べる。
ビールのツマミにも最高ですよね!
焼き鳥屋さんも日本人には馴染みがありすぎて、鶏肉はまさに日本のソウルフード!
っていっても過言ではないですよね。

BBQでも鶏肉人気は大きくて食材買い出しにはかかせないです。
BBQの鶏肉のおすすめの種類と部位についてまとめてみました。


第1位
 鶏モモ

日本人では鶏肉といえばモモ肉といえるメジャーな部位です。
よく焼いてもパサつかずふっくら仕上がります。
BBQ初心者にもおすすめです。

注意点としては他の部位に比べるときめが荒いです。
これを柔らかくしようとして叩いたりするなどの下ごしらえは、食感を悪くするのでやめておいた方がいいですね。


第2位
 手羽先

これも知らない人はいないぐらい日本人になじみの深い鶏肉の部位ですね。
脂の旨み・骨周りの濃厚な味も良いです。
炭火で焼くと燻製効果もあり非常に美味しくなります。
なのでBBQにはうってつけなんですね。

ただし大きさや形が不揃いなので、炭火では火の通りを均等にするのが難しく技術を要します。
BBQ初心者んはホイルで包んで軽く蒸し焼きしてから、炙るような感じで炭火焼きするとふっくらジューシーに焼けますよ。


第3位
 鶏ムネ肉

淡白な味わいと脂肪分の少なさのヘルシーな鶏肉の部位です。
パサつきやすいので火加減が難しくBBQにおいてはどちらかというと上級者向けかもしれません。
手羽先と同様にホイル焼きを取り入れると簡単に調理できるのでおすすめです。


第4位
 チキンレッグ

クリスマスでお馴染みの骨付きモモ肉です。
実はチキンレッグは、炭火焼きBBQでは特に真価を発揮する鶏肉の部位なんです。
じっくり弱火で皮はパリパリだけど中身はジューシーに仕上げましょう。


第5位
 手羽元

骨まわりの肉と皮と脂身のバランスが良くお値段的にもコスパが高いユティリティーある鶏肉の部位です。
厚みがあるので手間ヒマ時間をかけてじっくりと焼きましょう。


第6位
 鶏ハート

鶏の心臓です。
肉質は柔らかくて焼き鳥屋さんでも定番メニューのひとつですね。
肉を開いて中の血液などを取り除くと雑味が無くなります。
串に刺して焼き鳥バーベキューとして楽しみましょう。

 

まとめ

BBQの肉のおすすめの種類と部位についてランキング形式でまとめてみました。
好みもあるのでバランスよく買い出しをして、満足度を高めてBBQを楽しんできて下さいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

他にもBBQ関連の記事たくさんまとめています。
よかったらチェックして下さいね。

BBQ関連記事のまとめはこちらから!準備~片付けまで初心者でも丸分かり!

スポンサーリンク



-バーベキュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

バーベキューで炭の後始末や捨て方や再利用はどうする?網と鉄板の片付けは?

スポンサーリンク 楽しいバーベキューも終わると、最後に大事なお仕事が。 そうです、炭の後始末と片付けなどが待っています。 バーベキューの炭は後始末の仕方しだいで、火傷をしたり火災になったりと大惨事にも …

BBQで準備する食材の量はコレだけ必要!肉の目安と焼くもの、飲み物も丸わかり!

スポンサーリンク BBQで準備する食材の量ってどれぐらい必要なのだろう? 買い出しするのに、肉の目安や焼くもの、飲み物の必要な量を決めない事には始まりませんよね。 安心して下さい! 貴方に代わってBB …

バーベキューの炭を着火剤なしで起こす!着火する時間と炭の扱い方。

せったくのバーベキューで、炭を起こそうとするも着火剤を忘れてきて、火を起こすのに一苦労。。 そんな苦労をしたことはありませんか? スポンサーリンク そんな貴方の為に、バーベキューで炭を着火剤なしで起こ …

ダッチオーブンがベタベタ!べたつきの原因と対処法と防止策はコレ!

バーベキューで使うために、ダッチオーブンを数ヶ月ぶりにだしたところ、、とんでも無いことに。。 ダッチオーブンが、油でベタベタでべたつきがありました! これって大丈夫なの!? スポンサーリンク そんなあ …

BBQ関連記事のまとめはこちらから!準備~片付けまで初心者でも丸分かり!

BBQの関連の記事をまとめてみました! BBQ初心者でも分かりやすいように、事前の準備~当日~後片付けまで時系列に並べております。 紹介する記事は12記事。 これでBBQの基本知識と準備はバッチリです …