インフルエンザ

インフルエンザでお風呂入っていいの?子供なら?お風呂でもうつるの?

投稿日:


子供がインフルエンザにかかった時に、お風呂をどうしようかといつも悩みませんか?
風邪なんかの時にはお風呂はダメって言われたことあるし。
でも寝汗とかで体はドロドロのべたべた。。
どうしよう!?
今回はそんな時に役立つ情報を紹介します。
インフルエンザでお風呂にはいっていいのか?
インフルエンザでお風呂は子供はいつからOKなのか?
インフルエンザはお風呂でもうつるのか?
これらについてまとめてみました。
気になるあなたはぜひチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク
  

インフルエンザでお風呂入っていいの?

インフルエンザにかかると、丸1日や2日寝込むこともあり、体は汗でベタべタのドロドロになりますよね。
なのでお風呂に入ってサッパリとさせたいところですね。
しかし昔は風邪ひいただけでも、お風呂はNGとお医者さんに言われていました。

インフルエンザの時にはお風呂ははいっていいのでしょうか?
結論から言うと、熱が37度前後になり体調の不調がなければ大丈夫です。

しかしこの基準はあくまで目安であります。
37度以下であっても、体調が思わしくない場合は控えたほうがいいです。

お風呂は思ったよりも体力を消耗します。
熱いお湯に入ると血圧が高まり交感神経が活発になります。
つまり運動をして汗をかいている時と同じような状態になるんですね。
なのでお風呂は思ったよりも体力を消耗しますので、熱が下がっていても注意しましょう。
体力が落ちている時には、あまり体に負担をかけない事が大事ですよ。

解熱はしたけど体調が思わしくない。
けど、体がベトベトすぎて気持ち悪い。
という時には、
・5分以内でシャワーをさっと浴びる
・濡れタオルをレンジで温めたもので体をさっとふく
などにしておくと良いですね。

もし体調も良くインフルエンザでお風呂入っていい状態であれば、次の点に注意して入浴しましょう。
・脱衣所は温めておく…風呂場の扉をあらかじめあけておく、部屋の暖房が入るようにしておく等。
・お風呂は短時間で済ませる…体力の消耗を最少にする。
・お風呂から出たら湯冷めに気をつける…髪の毛をすぐに拭く、すぐに服を着る、安静にして休む。
水分補給を行う…スポーツドリンクなどが良い。

ごく当たり前の内容ではありますが、インフルエンザの場合は特に細心の注意を払ったほうが良いですね。

以上は、大人向けのインフルエンザでお風呂入っていいのかという内容です。
これが子供の場合だとさらに注意する点が増えてきます。
次の章にてまとめましたのでチェックして下さいね。

インフルエンザでお風呂は子供はいつから入っていいの?

インフルエンザの時のお風呂についてですが、やはり大人と子供では勝手が違います。
そのあたりについて説明しますね。

基本的には、インフルエンザのお風呂で子供は、大人と同じで37度以下に解熱してからです。
しかし、子供の場合は大人と違って体力も免疫力も低いですよね。
なので体力の消耗も激しいし、無理な入浴で体を弱らせると、インフルエンザが長引く可能性もあります。

スポンサーリンク

また、子供の場合は大人に比べると、汗腺の発達もしていません。
なので体内の熱を放出する「熱放散」という機能が、大人ほど上手く調整出来ないのですね。

さらにインフルエンザで子供の場合には、二峰性発熱(にほうせいはつねつ)と呼ばれる症状があります。
これは、子供に多く見られる症状で、インフルエンザの時に熱が下がったのに、また熱が出てくるぶり返しの症状です。

大人であれば、熱が出ていてもこれぐらい大丈夫だろう、と思う事でも子供の場合には大事にしておきましょう。
なので、インフルエンザのお風呂で子供の場合には、解熱から2日ぐらいして、体力も回復しつつあるぐらいの時期にしておいた方が良いですね。

お風呂に入れるときも、大人以上に長風呂はNG、水分補給も多めにするようにしましょう。

次の章では、気になるインフルエンザはお風呂でもうつるのか?
についてまとめてみました。

インフルエンザはお風呂でうつるの?

インフルエンザはお風呂でもうつるのか?
家族がインフルエンザの場合に、気になる事だと思います。
結論から言うと、インフルエンザはお風呂ではうつることは少ないです。

では、何故インフルエンザはお風呂でうつる事が少ないのでしょうか?
その理由について説明しますね。

インフルエンザのウィルスには次の様な特徴があります。

・室温が低く乾燥してしている環境で感染しやすい。

つまりこれはズバリ冬季であり、インフルエンザが流行する12月~2月にマッチしますよね。
逆に言うと、インフルエンザは高温多湿の環境がとても苦手なんです。
これを分かりやすく状況別で表すと次のようになっています。

・室温10度かつ湿度20%⇒インフルエンザウィルスの生存率は60%~70%
・室温20度以上かつ湿度50%以上⇒生存率3%程度

このように高温多湿では、インフルエンザのウィルスは生存していません。
つまりお風呂の中では、家族のインフルエンザが感染することは少ないと言えます。
インフルエンザ予防の為に、部屋に加湿器を置くのもこのような理由からなんですね。

しかし、お風呂場以外では気をつけるべき箇所は多々あります。
例えば、脱衣所のドアノブとかにも菌がつく可能性はありますし、バスタオルなどを共有すると危険です。
洗濯物については、洗ってしまえば洗剤で殺菌ができるので問題はありません。
このあたりには注意しておく必要がありますね。
また別記事にてまとめますね。

まとめ

今回は、インフルエンザとお風呂について説明しました。
ここで改めてまとめますね。

・インフルエンザでお風呂入っていいのか?⇒37度以下に解熱すればOK。
・インフルエンザでお風呂は子供はいつからOKなの?⇒解熱後2日ぐらいした方が万全(体力や免疫力が大人より弱いので)。
・インフルエンザでお風呂ではうつらないのか?⇒高温多湿であるお風呂場ではうつる可能性はほぼ無い。

最後までお読み頂きありがとうございました。
他にもインフルエンザ関連の記事をまとめています。
よかったらチェックしてみて下さいね
↓↓
インフルエンザ関連の記事を見る!

スポンサーリンク



-インフルエンザ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

インフルエンザの過ごし方で家族や子供や食事やお風呂で絶対に注意すべきこと!

家族がインフルエンザにかかると、色々と神経を使いますよね。 自宅だとインフルエンザにかかった当人を、全くの隔離にするわけにはいきませんよね。 当人への看病などで、家族も当人と一緒に過ごす時間も増えてき …

インフルエンザの症状と風邪の違いはコレ!花粉症との違いや薬の併用は可能なの?

インフルエンザの季節になるといつも思うこと! それは、少し風邪をひいただけで「やばい、インフルか!?」って焦る事です。 でも安心して下さい。 しっかりと正しい知識を身に付ける事で、焦ることなくしっかり …

インフルエンザ脳症の症状の見分け方はコレ!原因は薬や解熱剤?治療の方法は?

子供がインフルエンザにかかった。 いつもとは少し様子が違う様なきがする! これってインフルエンザ脳炎!? 今回はそんなあなたにオススメの記事です。 インフルエンザ脳炎の症状や見分け方、原因や治療につい …

インフルエンザで食べ物でおすすめはコレ!発熱や解熱後や下痢や嘔吐やなど症状別に紹介!

家族がインフルエンザにかかってしまった! 看護も必要ですが、食事の事も考えないとダメですよね。 でもインフルエンザの食べ物は何がおすすめなの? 気になるあなたの為に、インフルエンザの食べ物のおすすめを …

インフルエンザの症状で熱が出ない事もある?期間や上がったり下がったりする場合も?

36度台でもインフルエンザ!? あなたはインフルエンザの症状で熱が出ない事もあるってご存知ですか? え~、インフルエンザって高熱って印象だけど、まさかそんな事が。。 実はあるんです! もちろんそれなり …