季節の食材

たけのこの調理・保存の??をスッキリ解決します!まとめ集はこちらから!

投稿日:


たけのこって事前準備や調理や保管など色々と面倒ですよね。
そして初めてだとわからないことだらけ。。
そんなあなたに、次の内容についてのリンクをまとめました。
・たけのこのあく抜きの時間やポイント
・たけのこのあく抜きを手早く簡単にする裏ワザ
・たけのこのあく抜き後にえぐみがある時の対応
・たけのこの腐る臭いやカビ、白いつぶつぶのチロシンについて

ひとつでも気になることがあれば、リンク集でまとめてますのでチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

たけのこのあく抜きの手順。え!?○○を使うとこんなに違うの!?


たけのこのあく抜きの手順とポイントについてまとめています。
たけのこはあせらずジックリと事前準備が必要です。
事前準備とはあく抜きのことですね。
でもこのあく抜きって初めてだととても難しいのです。
初めてでも分かりやすく間違えないように、あく抜きのポイントをまとめています。
また、ある方法であく抜きをする事で、あく抜きの効果がメチャクチャ高まるんです!
その方法とは、実は○○を使う事だったんです!
続きはこちらから。
たけのこのあく抜きを失敗しない為に!時間は?ぬか以外の方法とは?

たけのこのあく抜きを超高速で終わらせるにはコレ!劇的に時短出来きるのでオススメ!


たけのこのあく抜きは、一晩かかったりします。
早くても3.4時間以上はかかるもんですよね。
しかし、この記事で紹介する、あるモノを使う事であく抜きの時間が劇的に時短できます!
夕方にたけのこを買ってきて、すぐ夕食に使いたいって時に超オススメの方法なんです。
まさに目からウロコとはこういう事を言うんですね!
気になるあなたはこちらから。
たけのこのあく抜きがすぐに出来る!大根おろしやアルカリイオン水が大活躍!

スポンサーリンク

あく抜きを失敗しても大丈夫!この方法で劇的に復活します!


あく抜きしたたけのこを味見してみた。
すると、、、む!えぐみが取れていない!
こういった失敗も、初めてのたけのこ調理だと普通にあるでしょう。
そんな時のリカバリー方法をお教えします。
この方法で劇的に改善しますよ。
あ、失敗した!というあなたはこちらから。
たけのこをあく抜きしてもえぐみがある時はコレ!失敗とえぐみ成分の関係とは?

たけのこの表面に白いつぶつぶが!?これって大丈夫なの?


たけのこの表面に白いつぶつぶが発生した!
やばい腐っているのだろうか?
安心してください。
実はそれってチロシンっていう体にいい成分なんです。
ホントなの?って思ったあなたはこちらから。
腐る臭いやカビの状態についても紹介しています。
たけのこの腐る臭いやカビの状態は?白いつぶつぶのチロシンの効果は?

たけのこを長期保存させるスーパー裏ワザはこちら!なんと1年間も!


下準備を終わらせたたけのこを、長期保存させる方法を紹介しています。
この方法でなんと1年間も持たせることが可能です。
美味しいたけのこを入手して、余ったらぜひこの方法で保存しましょう。
そして年末年始に食べるというのもアリですよね。
たけのこの保存を長期にするならこれ!塩漬けやビンで驚異の保存期間に!

まとめ

たけのこのあく抜きのポイントや裏ワザ、白いつぶつぶの正体と腐敗の見分け方、長期保存の仕方などのリンクをまとめました。
最後までお読み頂きありがとうございました。
他にも関連記事をまとめています。
よかったらチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク



-季節の食材
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

たけのこの保存を長期にするならこれ!塩漬けやビンで驚異の保存期間に!

たけのこを知り合いからたくさん貰ったが、食べきれないので保存をしようと考えているあなたにオススメの記事です。 たけのこは一週間程度の保存なら簡単ですが、それ以上の長期の保存となると色々とコツが必要です …

うなぎの捌き方や焼き方の関東と関西の違いはコレ!うなぎの旬は冬ってホント?

うなぎの調理の仕方は関東と関西では違いがあるをご存知でしょうか? 例えば、うなぎの捌き方は関東は背開きだが、関西は腹開き。 うなぎの焼き方も関東は蒸しが入りますが、関西では蒸しません。 これらの違いに …

うな丼とうな重の違いは何?うなぎのひつまぶしの食べ方やマナーは?

夏は土用の丑の日もあり、外食でうなぎを食べる機会も増えますね。 中でもうな丼とうな重とひつまぶしは人気です。 ところで、うな丼とうな重の違いって何なのかご存知でしょうか? その違いについてまとめてみま …

土用の丑の日のうなぎ関連の記事まとめはこちら!オススメ記事はコレ!

土用の丑の日のうなぎの関連記事についてまとめてみました。 うなぎは近年漁獲高も減ってきて、その価値が極端に上がっています。 おなじうなぎを食べるのでも、事前にうなぎの予備知識があれば100倍楽しめます …

鏡餅のカビやひび割れを防止する3つの方法とは?防腐剤と縁起の驚きの事実とは?

正月飾りの縁起物でもやっかいなものがあります。 そう鏡餅です! 何がやっかいかといえば、やはり鏡餅のカビやひび割れですよね。 そんな鏡餅のカビやひび割れでお悩みのあなたにおすすめの記事です。 今回は、 …