中古カメラ

カメラのジャンク品とは?ジャンク市って?使い方やオークション転売について!

投稿日:2017年8月29日 更新日:


カメラのジャンク品、ジャンク市ってどんなイメージでしょうか?
やはりジャンク品というと「壊れている」というイメージですよね。
しかし、ジャンク品はゴミばかりではありませんよ。
元中古カメラのバイヤーの経験をもつ私が、ジャンク品の楽しみ方を紹介します。
気になるあなたはぜひチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

カメラのジャンク品とは?ジャンク市って何?

カメラのジャンク品とは?
カメラのジャンク市って何?

まずはそこからお話しますね。

カメラのジャンク品とは、通常の商品として価値の無いものになります。
ジャンク品には、いくつかのパターンがあります。

1.故障していて使えない
2.使えるが一部動作に不具合が有る
3.使えるが外観が著しく醜い
4.動作確認が出来ないだけのもの
この様な、中古カメラや中古レンズなどを、ジャンク品と呼んでいます。
正常な動作や外観を保証できないものとも言えます。

ジャンク品は通常のカメラの値段に比べて、とにかく安いです!
1のような故障品ジャンクであれば、それこそ相場の半値以下で替えたりします。

そのカメラのジャンク品ばかりを集めてきて販売する際に、カメラのジャンク市とよく呼ばれます。
中古カメラの祭典である、中古カメラ市にも、カメラのジャンク市のワゴンとかよくありますよ。

でも、なんでそんなものを、、、と思うかもしれませんね。
でもカメラのジャンク品は、とても人気があるんです。
ではいったいどんな使い方や需要があるというのでしょうか?
次の章にて、カメラのジャンク品の使い方について紹介しますね。

カメラのジャンク品の使い方は?

中古カメラのジャンク品の使い方・需要は意外と大きいです。
そんな中古カメラの、ジャンク品の使い方としては、次の様な使い方があります。

・バラして部品取りとして使う
・一部動作の不具合を我慢して使う、もしくは直して使う
・外観の醜さは気にせず使う、もしくは直して使う
・動作確認が出来ないものについては、イチかバチかで買って使ってみる
・カメラのオークションで転売する

こういったところでしょうか。
ここで一般的なのが、バラして部品取りとして使う、一部の動作不良や外観の不具合含めて、自分で直してつかう。
もしくは、レンズの曇りやカビという不具合であれば、そのままでも撮影出来る可能性もあります。
また動作確認未実施のものであれば、使えたらラッキーぐらいの気持ちで購入します。

スポンサーリンク

このようにカメラのジャンク品の使い方として、さまざまな需要があります。
なによりもその相場の安さより、ジャンク品の価値は非除に高いんですね。

それはそうと先ほどの、カメラのジャンク品の使い方の中で、イチかバチかで使ってみる~や、
もしくは転売でする、という人もいました。

ではそれをふまえたうえで次の章では、カメラのジャンク品でオークションの転売についてまとめてみました。

カメラのジャンク品でオークションの転売は宝の宝庫!

カメラのジャンク品といえばオークションで多く発見することが可能です。
オークションといえばヤフオクなどが有名ですよね。
また逆に、正常品といして落札したが、落札した商品をよく見てみると、不具合の箇所があるジャンク品だ!というパターンもあるでしょう。
そんな悪意のある出品者は、大抵は評価でわかります。
そのあたりのコツについては、過去の記事にてまとめています。
よかったらチェックしてみて下さいね。
オークションでのカメラには注意!?ジャンクは?元中古カメラバイヤーがお教えします!

で、私が言いたかったことは、カメラのジャンク品でオークションの転売は、お宝だらけという事です。
基本的に、オークションでカメラのジャンク品は、とにかく安く投げ売りのごとく安価で売られます。
出品する側からすると、所詮は壊れているし捨てるぐらいのつもりで投げ打ってやれ!
と考えているでしょう。
でも使う側からすると、多少不具合があっても構わない・使えたらいいのでとにかく安く手に入れたい。
そう思っていれば利害関係は一致します。
これらを安く手に入れて使うことも出来ます。

オークションでよくあるカメラのジャンク品の不具合としては、レンズならくもりやカビ・オートフォーカス効かない・ズーム時に異音。
ボディならスイッチ関係の破損・空回り・シャッター幕が降りないなどです。
カメラのジャンク品でオークションの転売はお宝という事ですが、実はこれらの商品を格安で(相場の1/3以下)落札します。
そして、それをヤフオクで出品して横流しで売るんです。
要は転売ですね。

実は、これらの完全故障品以外のジャンク品は、意外と売れます。
例えばレンズのオートフォーカスが効かないなどであれば、大体相場価格の7割ぐらいにはなります。
レンズのくもりなら8~9割程度、カビでも相場の7割ぐらい。
外観が著しく醜い完全動作品だと相場の8~9割で売れたりします。
1円出品で売りさばいてください。
これぞお宝と言えるでしょう。

まとめ

今回は、カメラのジャンク品やジャンク市について、ジャンク品の使い方やオークション転売についてまとめてみました。
最後までお読み頂きありがとうございました。
他にも関連記事をたくさんまとめています。
よかったらチェックしてみて下さいね。
↓↓↓
中古カメラの関連記事はこちらから

スポンサーリンク



-中古カメラ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

中古レンズのチェックポイント!カビやくもりの見分け方、選び方は目利きが必要?

カメラのレンズの購入時に、中古レンズを探している人も多いのではないでしょうか? レンズはとってもデリケートです。 特にレンズは、カビ・くもり・チリ・ほこりゴミ、など様々な状態の物があります。 中古レン …

中古カメラや中古レンズの買い方!通販やオークションでの注意点は?

中古カメラや中古レンズはどこで買いますか? 特に初めての中古を買うのであれば、心配も多いと思います。 中古カメラや中古レンズは、新品とは違い一つ一つ状態が異なります。 信頼できるところで買いたいところ …

カメラのメンテナンスやお手入れの方法やおすすめ道具を紹介!メーカーも上手に活用しよう!

カメラのメンテナンスやお手入れってどうしていますか? 中古カメラなどであってもカメラは高いものですよね。 でも正しいカメラのメンテナンスやお手入れが分からない、、。 安心してください! そんなあなたの …

オークションでのカメラには注意!?転売屋って?元中古カメラバイヤーがお教えします!

オークションで中古カメラを購入したい! でもオークションってはじめてなのでとても不安。。 オークションって安く買えるけと、詐欺とか転売屋とか色々マイナスイメージがあって、初めてだととても不安ではないで …

中古カメラのショット数の調べ方!寿命やリセットで改ざん可能!?

中古カメラのショット数は、自分で調べられるって知ってました? 全てが可能と言うわけではないですが、ショット数の調べ方についてまとめてみました。 またショット数はカメラの寿命の様に取り扱われていますね。 …